シトルリンDX 危険

シトルリンDXは危険?〜危険な使い方を考えてみた

シトルリンDXは危険?危険な使い方をこちらで解説します。

 

サプリ

シトルリンDXが危険である飲み方をいくつかピックアップしましたので、そのそれぞれで事実を検証してみたいと思います。

 

 

シトルリンDXは、他の医薬品と一緒に飲むのは気を付けたほうが良い?

 

薬副作用

かつて、バイアグラが医薬品として日本で承認される以前、バイアグラを個人輸入で手に入れた男性がバイアグラを服用して死亡したという事件が日本で発生しました。

 

 

バイアグラは、特定の病気の人は飲んではダメで、またニトログリセリンなど、血管を拡張するような薬を服用している人も服用してはいけません。

 

 

シトルリンDXの主成分であるL-シトルリンは、かつては医薬品として指定されていましたが、2007年の区分改正で、食品と指定されました。

 

 

シトルリンDX自体も、栄養補助食品に指定されているため、他の医薬品との飲み合わせなどを気を付ける必要はありません。

 

 

 

シトルリンDXは、飲み方を間違えると死亡する?

 

上記でも書いたように、シトルリンDXは栄養補助食品として指定されていますので、飲み方に1日何回とかの制限はありませんので、間違った飲み方自体が存在しないのです。

 

 

 

シトルリンDXは、大量に飲むと危険?

 

大量に飲むと?

シトルリンDXを大量に飲むと危険なのでしょうか?例えば、薬のように大量に飲むと死に至るとか、そういったことはあるのでしょうか?

 

 

こちらについても、シトルリンDXは食品ですので、大量に飲むことによるデメリットはありません。

 

 

では、大量に飲んだほうがより早く効果が現れるのではないか?と考える人も出てくると思います。

 

 

ここで考えなくてはならないのが、L-シトルリンが体の中でどのように機能するのか、ということです。

 

 

L-シトルリンが体内に取り込まれると、L-アルギニンに変換され、さらに再度L-シトルリンに変換されるときに、一酸化窒素を発生させ、それが血流を促し勃起を強化します。

 

 

L-アルギニンがL-シトルリンに変換される際に体内にある酵素が必要とされており、その酵素の限界値まではL-アルギニンがL-シトルリンに変換されますが、

 

 

酵素の有限値を超えたときには、使用されずに体外に排出されてしまいます。

 

 

それがどのくらいの量なのか、ということまではわかっていないのですが、一定量を超えての摂取は意味がないということですね。

 

 

一般的にL-シトルリンの1日の最低必要摂取量は800mgとされていますので、それを超える1日900mgという摂取量を守るのが一番良いのではないのでしょうか?

 

 

 

シトルリンDXには、怪しい成分が配合されていない?

 

シトルリンDXに含まれている成分は、ラベルに表示してあるもののみで、それ以外の成分は配合されていません。

 

 

これは、シトルリンDXが日本製であるからこそ言うことができます。

 

 

シトルリンDXの成分をご覧になって、自分にとってアレルギーとなる成分が入っていないか、確認できれば、それで十分ですね。

 

 

 

order

 

 

 

関連ページ

シトルリンDXで精子を増やせる?|精子増産に必要な成分は?

 

シトルリンDXとバイアグラを一緒に飲んでも大丈夫?

 

シトルリンDXとシトルリンEX どっちがおすすめ?

 

シトルリンDXは楽天で購入できるか?|お得な販売店はコチラ

 

 

 

 

シトルリンDXの口コミを一挙公開 トップページへ

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ